×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

近況

2012-11-08

Dupy Scan 2.0.0をリリース

Dupy Scan 2.0.0をリリースしました。重複するファイルを検出するプログラムです。

バージョン1では複数のタブシートを使ってエントリーと結果を分けて表示していたのですが、バージョン2では一つのリストビューでまとめて表示しています。そうすることで、コードがシンプルになりました。

リリースが予定より二ヶ月程延びてしまいましたが、その分バージョンアップ数回分の成長をしていると思います。

2012-07-19

D88 Edit 2.0.0をリリース

D88 Edit 2.0.0をリリースしました。今回から、空のドキュメントを保存できるようになっています。これにより、マルチボリュームのディスクイメージを作成する時は、空のディスクイメージをファイルに保存=>エントリーを追加=>上書き保存、という手順を取れます。先に保存先を用意しておくことで、オリジナルとして残しておきたいファイルを誤って上書きしてしまう手違いを未然に防げます。

2012-06-28

Execian 3.0.0をリリース

Execian 3.0.0をリリースしました。最も大きな変更点は、一度で全ての文書が開かれてしまうのを防げるようになったことです。オプションの設定により、文書が一つ開かれる度にタスクを一時停止させられるようにしました。

また、このオプションを利用すれば、現在の文書を開いたままで次の文書を開くことも可能になります。

結果をリセットするためのボタンに使用したグリフは消しゴムです。そのように見えればよいのですが。

2012-06-07

Doppeldirectory 2.0.0をリリース

Doppeldirectory 2.0.0をリリースしました。開発当初はリストビューを中心に据えたメインウィンドウがありました。しかし、ファイルのドロップですぐにタスクが始まる手っ取り早さはやはり必要だと思い直し、従来通りのインターフェイスに戻しました。

Model-View-Presenter(MVP)で選択項目を担当するクラスの名前はSelectionsからSelectionに変更しました。Taligentの解説書の通りです。

過去の記事


戻る